昔からかもしれないけれど、
海外と日本の情報格差について警鐘を鳴らす記事が目に留まるようになった。

もちろん、その基礎として英語力が必要になるわけだけれど。

じゃあどれくらい英語ができればいいの?っていう基準、僕は知りませんでした。

ネイティブスピーカーの成人は2〜3万の単語を使っているそうです。

ace4922aff61b6cd7642809cb27e2a67

日本の平均的な大学生は6000語。

そして、辞書無しでも問題なく書物(ペーパーバック)が読めるのが
1〜1.5万語だそうです。
※ちなみに日本人の成人は5万語の日本語単語を操ります。

なるほど。

ちなみに、僕は本をサクサク読めるほどの単語力は無い。

自分はどこにいるんだろうか?
何語習得しているんだろうか?

それを測定できるWebサイトがあった。
測定してみた。
それも2つのサイトで。

それぞれ
3000語
4300語

だった。。。。。。


Oh! No!!!!!

多治見の中心で愛を叫ぶ勢いでびっくりした。

確実にそこら辺の大学生よりも英語は使えるという自負はあったが、
よくよく考えてみると、それは「会話力」
単語の習熟度とは関係が無いのである。

なんなら

ここが一番重要なところで

急所を突かれたような心当たりがあり

それは

「英語の勉強をしていない」

ということなのである。

当たり前のことですが、
上達をする方法は、継続的に繰り返すこと。

わたくし、自分が持っている英語力を、
なんとかやりくりしながら今日まで生きてきたのですね。
3000語の中で。

さて、はしょりますが、
わたくし、読書家でございます。
お菓子好きがお菓子を食べるように、
わたくしは本をむさぼるようにページをめくります。

なので、洋書が読めるように1.5万語を習得します。
そして、もっとメンターとスピーディーに会話するために3万語習得します。

自分の現在地が分かり、
行き先が決まったので、
あとは行くのみですね。

わたくし、2016年中に1.5万語習得して、ハッピー洋書読書タイムを手に入れます☆
決めました。


写真は、本件とは全く関わりないですが、
憧れるダニエル・クレイグ。